バケーションレンタルって何?~普通の旅行サイトからの予約とどう違うの?

初めての方は下の説明からお読みください。
説明はもう見たからいいや!って方は検索へお進みくださいね。

(注意)

2019/8/1からハワイでは個人所有の部屋の貸し出しに対して厳しい法律ができました。

元々許可されているリゾートエリアの範囲内以外の場所では、政府からの許可を持っていないオーナーは30日以下の短期賃貸ができなくなっています。

今までバケーションレンタルの会社で扱っていた部屋でも

契約がなくなったり、30日以上からのレンタル対象に変わっていることもあります。

出来るだけ早めに訂正しますが、訂正に時間がかかる見込みです。

短期滞在者向けから選択する場合、30日以上の物件が含まれていることをご了承ください。

色々な条件で探そう!あなたのお気に入りのアコモをみつけましょう!!

PDF版はこちら→ (短期滞在者向け)はここをクリック
PDF版はこちら→ (30日以上の長期滞在者向け)はここをクリック

PDFで見られない方はこちら (短期滞在者向け)はここをクリック
PDFで見られない方はこちら 30日以上の長期滞在者向け)はここをクリック


宿泊施設(アコモデーション・略してアコモ)は大きく分けると
ホテル・コンドミニアム・B&B(民泊含む)です

ホテル
各ホテルを管理している会社があって
主にツアーや個人手配で予約することができます。

部屋はワンルームが主で
1Bedroomやそれ以上の部屋数になると
スイートルームと呼ばれ価格も高くなります。

コンドミニアム
キッチン付の部屋で
ストゥーディオと呼ばれるワンルームや
1Bedroomが主流。

中には2Bedroom・3Bedroomなんて豪華な部屋もあり
ホテルに比べると部屋が広くゆったりしています。

B&B(民泊を含む)
B&Bは
”ベッド&ブレックファスト”(寝る場所と朝食を提供します)って宿のこと。

予約はAirbnbなどでもできます
ただ対個人の契約も多いので不安な方も多いでしょう。



ハワイでコンドミニアムというと・・・・・
アストン系列(ワイキキサンセット
ワイキキバニアン・ワイキキビーチタワーなど)

アウトリガー系列
(リーフ・ワイキキショアなど)

アクア系列
(パシフィックモナーク・ルアナワイキキ・イリカイなど

・・・・・などがあって、直営の会社に直接予約したり
エクスペディアなどの旅行サイトから予約する方も多いでしょう。

しかしコンドミニアムも別の予約方法があるのはご存知ですか?

ズバリ!バケーションレンタルの会社から借りる方法があるのです。



バケーションレンタルとは?

コンドミニアムは建物全体を
1つの管理会社で持っているところは少なく
各部屋単位で管理している場合が多いんです。

個人オーナーさんが持っている部屋も多く
その人から管理を任された会社が
バケーションレンタルとして貸し出している部屋があるんです。

そんなバケーションレンタル(バケレン)の会社を
利用・検討してらっしゃる方も多いこの頃。

一度使ってしまえば何てことないバケレンですが
とっかかりはなかなかハードルが高いって感じている方もいらっしゃるでしょう。

流行のAirbnb
直接オーナーさんとのやり取りですが
バケーションレンタルは管理会社とのやりとりです。

ここではAirbnbではなく、バケーションレンタルについてのお話をします。

エクスペディアなどの旅行サイトや
直接大手管理会社へ予約するのと
バケーションレンタルへ予約するのはどんな違いがあるのでしょう。



バケーションレンタルのメリットは付加価値があることと
価格の安さ

駐車場1台分が無料

よくわかる大きな付加価値は駐車場
アストンワイキキバニアンを例に取ると、
直営会社から予約しても駐車場はほぼ有料ですが
バケーションレンタルから直接借りると
たいていは駐車場1台分が無料でついてきます。

”○○号室”と部屋指定で借りられる

部屋の様子やベッドの数、キッチンや
バスルーム仕様まで全て把握できる
ので
到着するまでどんな部屋なのか
何階になるのかわからず不安になることもありません。

ツアーなどではなかなかお目にかかれない
洗濯&乾燥機付の部屋も夢ではありません。

部屋の管理が行き届いている

多くのお客さんに満足してもらって良い口コミを書いてもらうと
またお客さんが増えるという相乗効果があるので
部屋をきれいにリニューアルしたりして使い勝手が良い工夫を常にしています。

ウォッシュレットがないホテルが多い中
バケーションレンタルではかなりの確立で
ウォッシュレット付の部屋があるんです。

価格が安い

大きな違いのひとつは価格
同じワイキキバニアンをバケレンで借りた場合
かなり価格が安いことに気がつくでしょう。
それも駐車場付です。

アメニティフィーやリゾートフィーが発生しない

いまや宿泊時に当たり前についてくる
”アメニティフィー(リゾートフィー)”

1日約20~30ドルのフィーが徴収されるようになって
宿泊費に重くのしかかってきます。
バケレンから借りるとそれらは徴収されません

沢山の部屋の中から選び放題。

沢山の部屋の中から好きな条件の部屋をみつけることができます。



バケーションレンタルのデメリットとは?

お気に入りを見つける努力が必要

選ぶ部屋がありすぎるので、かなり努力しないと
お気に入りを見つけるのは困難ってことにもなりかねません。

条件を絞って消去していくのがお勧めです。

手配料や予約変更時にも手数料が発生する場合も

会社によって価格は様々ですが
予約時に手配料が発生します(だいたい50ドル前後)

それと一度予約してしまうとキャンセルはもちろん
日程変更の場合でも手数料がかかる会社もあります。

フロントが利用できない

フロントがあるアコモでもバケレンから借りた場合は
フロントが利用できない場合があります

もちろんフロントがないアコモもあります。
その場合はチェックイン前やチェックアウト後に
荷物を預かってもらえないというデメリット
が。

アーリーチェックインは運次第

ホテルなどでは半日分くらいの金額で
アーリーチェックインの確約サービスなどがありますが
バケレンだとそれがない場合があります。

そんな時はどうするか?
前日分から抑える。
つまり1泊分余分に予約するということで
早朝到着でも部屋に入ることが確約されます。

(私の調べた限りではワイキキショッピングプラザにある
JCBプラザや、DFS内にある楽天プラザで
荷物を預かってもらえるそうですが
各自で問い合わせてください)



バケレンについて理解できましたか?

これでもう駐車場代の心配もいりません。
洗濯するのにわざわざランドリーまで行って
終了時間を気にすることもありません。

そんなアコモ探し。
私はかなり苦労したので
もっと簡単に探せないだろうか・・・・と考えて
こんなものを作ってみました。

色々な条件で探そう!あなたのお気に入りのアコモをみつけましょう!!
PDF版はこちら→ (短期滞在者向け)はここをクリック
PDF版はこちら→ (30日以上の長期滞在者向け)はここをクリック

PDFで見られない方はこちら (短期滞在者向け)はここをクリック
PDFで見られない方はこちら 30日以上の長期滞在者向け)はここをクリック

さあ!今日から早速アコモ探ししましょう。
これで次回のハワイの滞在が楽しくなりますよ。

この記事いいいね!と思ったら下の2つをクリックしてね
ふるさと納税なら「ふるさとプレミアム」
  ランキングに参加しています     応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

PAGE TOP