役立つ情報特集

ANAのホノルル線・A380(フライングホヌ)の気になる機内~コックピットを含め、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファースト、話題のカウチシートまで全貌を大公開!!

ANAの大型旅客機A380(フライングホヌ)が
成田空港に到着したのが2019/3/21

何度かの慣熟飛行を行っていて
先日はオアフ島のダニエルKイノウエ国際空港に
初めて着陸しました。

そして本日、成田空港にてANAのエアバス A380
(フライングホヌ)の機内が
メディアにお披露目されました。

エアバスA380フライングホヌの機内を大公開!

2階建てのエアバスA380は世界最大の旅客機。

機内は2階にファースト8席、ビジネス56席
プレミアムエコノミー73席があり
1階にエコノミー383席がある4クラス設定。

機内に入るとすぐ目に入る
アッパーデッキへの階段。

1階エリアに383席あるエコノミーの座り心地はいかに!

前方からエコノミーシートエリアを眺める。
シート配列は3-3-3.

座っでみたらこんな感じ。
結構広いです。

シートピッチは34インチ(86.36 cm)

足も余裕で組めちゃいます。

画面も大きい。

13.3インチ(最前列は10.1インチ)
クラス世界最大のタッチパネル式

PC電源、USBポート装備。

ヘッドレストは6方向に調整可能。

大きなシートポケットと足置きもあります。

後ろからエコノミーエリアを見てみました。

エコノミーの最前列。

エコノミーの機内食と
フライングホヌ限定のエプロン
(グレー、ブルー、ピンクの3色あり)

383席というエコノミー席があるA380なので
ミールサービスもかなり大変そう。

お客様に満足いただけるよう
現在、作戦会議が開かれているとか。

CAさんたちも万全の体制で
お客様を迎える準備をしているとのことでした。

日本の航空会社では初採用のカウチシート

そして1階の後方には
日本の航空会社で初となる
「カウチシート」を設置。

カウチシートとは・・・・

3席または4席を1組として
エコノミークラス運賃への追加料金で
利用できるシート。

レッグレストを上げてベッドのように利用でき
カウチシート専用の寝具と
シートベルトもあります。

緑のヘッドカバーがかかっている部分が
カウチシートです。

カウチシートエリアの最前列のみ
普通のエコノミータイプのシートです.

布団を敷いた状態。

寝具はファーストクラスのシーツマットと
ビジネスクラスの枕2つ
エコノミークラスで提供しているブランケット。

シートピッチは32インチ。

1階後方にある多目的ルーム。
シンク、ベンチシート備えてあり
オムツ交換もできます

着替えをする時は設置してあるボードを引き出してそのうえでできちゃいますよ。

エコノミーでは珍しいバーカウンターを設置。

お腹がすいたり、喉がかわいたら
ここからお菓子や飲み物を持っていって
いただくことができます。

エコノミーの化粧室。
化粧室のドアは折れタイプではありません。

アッパーデッキへの階段。

階段上から眺めてみました。

階段上がったすぐの場所にあるギャレー。

プレミアムエコノミー~エコノミーとの差はどんな感じ?

フライングホヌにある
プレミアムエコノミーは73席。
座った感じはこんな風。

足を組むと・・・・
広さ的にはさほどエコノミーとの差を感じません。

シート配列は2-3-2.

プレミアムエコノミーの一部のモニターは
イスのところに収納されているタイプ。

シートについてるライトです。

フットレストをあげてみたところ。

プレミアムエコノミーのエリアを
後ろから眺めてみました。

プレミアムエコノミーの
ヘッドフォンとクッション

プレミアムエコノミーのアメニティ

今まではプレミアムエコノミーの食事は
エコノミーと同じでしたが
今回初めてプレミアムエコノミー用の食事を
2種類用意。

フライングホヌ限定の
ミールサービス時のエプロン。

カラーは3種類(グレー、ピンク、ブルー)
あります。

安全のしおりもフライングホヌ限定仕様です。

ビジネスクラスではペアシートも採用

 

今回は隣同士になれるペアシートも採用。
仕切りを上げれば隣を気にせず
個室感も楽しめます。

ビジネスクラスの食事です。
こちらは和食。

こちらが洋食です。

ビッジネスクラスのリラックスウェア

シートはフルフラットになります。

ビジネスクラスのアメニティは
アメリカ西海岸生まれのセレクトショップ
「フレッドシーガル」とのコラボレーション。

ビジネスクラスの最前列の壁部分にある
物入のようなもの。

しかし、ここには安全上の理由で
荷物を置くことができないようです。

このような仕様になっているのは不思議。

アッパーデッキのトイレは
全てウォッシュレット付き。

もちろんバーカウンターもあります。
ビジネスクラス以上にはワインも設置。

ANAホノルル線初のファーストクラスはどんな感じ?

8席しかないファーストクラス。

個室感タップリ!

思いっきり足を延ばしても届きません。

ドアを開けていても
隣の方の様子はうかがえない仕様。

テーブルを設置してみました。

モニター側のシートにも座れるとのことなので
向かい合ってお酒でも飲めそうですね。

ファーストクラスの食事です。

ANAのホノルル線に初めて導入する
ファーストクラス機内食は
オアフ島コオリナエリアにある5つ星ホテル
Four Seasons Resort内の
イタリアンレストラン「Noe」とのコラボ。

日本人シェフが監修する
南イタリアとオアフの食文化を融合させた
ANAオリジナルメニューです。

和食もありました。

ファーストクラスのアメニティは
英国グローブトロッターのアメニティポーチを
航空会社として初めての提供。

地球(globe)を巡る(trot)という意味を持つ
ブランドのトラベルケースを忠実に再現したポーチ。

店頭でも人気のアイボリー(日本発便)と
ネイビー(ホノルル発便)を皮切りに
3~4か月ごとに新色を用意します。

3色のうちのブルーのエプロン。

バーカウンター。

ホノルル線限定「FLYING HONU」の
ANAブルーの機体をイメージした
ブルーハワイカクテル。

日本発着の全てのクラスのお客様に
提供されます。

ファーストクラス用化粧室。

化粧室の中にベンチもありました。
とにかく広い!

アッパーデッキへの階段は2か所あります。

基本的に機内の階段を使用して
お客さんが1階と2階を移動することは無いとのこと。

搭乗も降機も全て2階席専用の出入り口からになります。

また搭乗はもちろん、降機も
2階席のお客さんの降機が終了後に
1階席のお客さんの降機が開始される
ようです。

同時に降機開始されることは無いとのこと。

キッズメニューは彩もきれい!

こちらはお子様メニュー。

機内販売されるグッズにはウミガメ(ハワイ語でホヌ)も登場!

機内販売されるグッズたち。

AIRBUS A380 FLYING HONUモデル
4,500円(税込)

*HONUぬいぐるみ(ラニ)
3,000円(税込)

*日焼けくま
3,500円(税込)

エアバスA380のコックピットに潜入

ここからはコックピットの紹介です。

いかがでしたか?
乗りたくなってきたでしょう。

2019年5月24日に就航で
520人を乗せてホノルルへ飛び立ちます。

ANAのエアバスA380(フライングホヌ)関連記事

(2019/4/23)

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ ナビ!ちゃおハワイHawaii〜オアフ島観光情報 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
  • コメント: 0

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA





カテゴリー

最新記事

人気記事

ハワイのニュースをいち早くお知らせ


NEW! 【ハワイのホテルの部屋清掃がオプションに?】気になる今後のハウスキーピングの行方

【期間限定のマンゴーを使ったレアチーズケーキ】「アロハステイトベイクショップ (Aloha state bake shop)」

自宅(ホテル)⇔ 空港間の移動は「エアポートシャトル」という選択肢を!~【nearMe スマートシャトル】

ハワイ大学 陸上競技プログラムの アパレルプロバイダーが「アンダーアーマー」から「アディダス」に!

【ハワイ旅行気分のチャーター便】「 JAL×マラマ シェラトンへの旅 2 日間」はいかが?

【開催日が変更になりました】ザ カハラホテル&リゾート 横浜の 「ザ・カハラ・ハワイアンブッフェ」

【ホノルル便運航再開&増便情報】ZIPAIR(ジップエアー)がホノルルに向けて離陸

JAL国際線機内食が本日より販売開始!~第一弾は「BISTRO de SKY (ビストロですかい)」

様々な賞品でワクチン接種を促すキャンペーンの第二弾

入店が抽選になります「THE HAWAII SELECTED by MAKI KONIKSON」

アラモアナセンターにポップアップショップ「Baked By Beri」誕生!~17歳の女の子が焼くカップケーキの店

悪質!ハワイモンクシールに触れている動画が公開される

ハワイの宿泊税税が3%アップ~ますます高くなるハワイの宿泊

一足お先にレポします~マキ・コニクソンさんプロデュースの「THE HAWAII SELECTED by MAKI KONIKSON」

レポします!松屋銀座の「Feel Hawaii in Ginza 2021」~初日の様子とお店のご紹介

ハワイの「ジャルパック ★ アロハステーション」 が7/15から営業再開!

【ハワイ好きが集う街】「PalmTerraceVillaOHANA/パームテラスヴィラオハナ」

【7月15日から閉鎖】2年間の改修プロジェクトのためマウナウィリフォールズトレイルが閉鎖

【ハワイ手配旅行キャンペーン!】ジャルパックが安心旅行のお手伝い

【カイルアファーマーズマーケット移転先が決定!】7/18からの開催場所は・・・

PAGE TOP