興味のあるカテゴリー記事(←21項目→)をお選びください!!

ダイヤモンドヘッドで59回、ラニカイピルボックスでも29回の救助!トレイルに関する事故が多発!~自分の限界を知り、準備は怠らず、進入禁止の場所にはいかないようにしてください


(写真はstra advertiserより)

3/11(日曜)午後1時20分ごろに進入が禁止されているカネオヘの”ハイクステアーズ( Haiku Stairs=別名the Stairway To Heaven.)でまた2人のハイカーが救助されました。

救助されたのは2人の男女で、階段の脇にある空間からヘリで救助されたとのこと。

2人に怪我はありませんでしたが、このような無断侵入による事故を警察は懸念しています。

進入が認められていないトレイルに入り、Instagramに投稿する人たちが後を絶ちません。

インスタグラムの#haikustairsの検索では34,000件以上掲載されており、最近の投稿もあるとのこと。

オンラインで入手できるトレイルに関する情報は、写真を特集したブログやアプリなどで利用できるようになっています。

下記はホノルル消防署でのトレイル別の救助回数です。

・ダイヤモンドヘッドクレーター(ホノルル)59
・ラニカイピルボックス(Lanikai)29
・ココ・クレーター(ハワイカイ)24
・マノアの滝(マノア)21
・Kaau Crater Trail(パオロ)15
・エフカイピルボックストレイル(ノースショア)14
・マウナウィリーフォールズ(カイルア)13
・マナナトレイル(パールシティ)11
・Nuuanu(Paliノッチを含む)11
・Haiku Stairs(閉鎖)(カネオヘ)10
・アイエアループトレイル(アイエア)10
・ルルマフ滝(ヌアヌー)10
・マカプウ灯台(イーストオアフ島)8
・Crouching Lion (Kaaawa)8
・ワイマノループトレイル(パールシティ)6

(出典:ホノルル消防署・2017年1月〜2018年2月)

トレッキングに行く場合は、どこに行くのか、誰と一緒に行くのかなどの情報を誰かに伝えるようにしてください。
気象条件を確認し、自分の能力の限界を把握しましょう。

また必要最低限のな機器を持参するようにしてください。

充電された携帯電話、雨具、毛布、懐中電灯、2〜3リットルの水や少量の食料、地図やコンパス、日除けどめ、緊急シェルター、靴のスパイクと信号装置(ミラー/ホイッスル)など。

緊急時には911に電話し、風と雨が凌げる場所で待機しましょう。

基本的にトレイルの場所は管轄区域の侵入、危険や保守にかかわらず、そのトレイルに関する情報を投稿することができるため、他の人たちは、その情報にアクセスして美しい場所の写真を見て、興味をそそられ、危険性があるかどうかにかかわらず、行きたいと思っています。

過去10年の間に危険な場所に行く人々の増加が見られました。

救助隊員のピーター・アキオナ(Peter Akiona)によれば、 2017年にはハイキングに関連した367件の電話での救助要請に応えたといいます。

その時の状況に応じて消防隊員は歩いて救助するかヘリコプターを配備するか決定しますが、捜索救助活動の費用は1時間に約1,500ドルと言われています。

観光客にも人気のあるダイヤモンドヘッド・クレーター(Diamond Head Crater)トレイルでは、昨年は59回、ラニカイピルボックストレイルでは29回、ココクレータートレイルでは24回も救助要請がありました

ダイアモンドヘッドでの基本的な病状は、熱疲労、脱水のケースが殆ど。

しかし、Pali Notches(パリノッチズ)のような危険なトレイルでの墜落事故の救助などもあり、消防士も危険にさらされます。

1月にはPali Notchesから落ちた3人のハイカーを空輸しました。

32歳の男性は、トレイルから約75フィート落ちて背中と脚を負傷、33歳の男性は、ロープの不備により約20フィート落下し足首を負傷した。

また20歳の男性は2番目と3番目のノッチの間から20フィート落下後頭部の負傷を負いました。

Pali Notchesを含む数多くのトレイルを経験したGriego氏は 「彼らは正しいギアを装備していません」と述べています。

女性がハイヒールでダイヤモンドヘッドクレーターに上っていく状況や、コンバーススタイルの靴を履いてココ・クレータ・アーチを登ることを試みている家族を見たとのこと。

問題は、ソーシャルメディアの投稿が必ずしも個人の様々なフィットネスやハイキングレベル、危険や気象条件の変化に対応していないことだといいます。

美しい眺望や滝の写真があるかもしれないが、ソーシャルメディアの作者は必ずしも川の交差点や滑りやすい地域については言及していないと。

DLNRのLoweでは、オアフ島のNa Ala Heleトレイルシステムと、新たに更新されたウェブサイトhawaiitrails.orgに関する詳細情報をハイカーに提供するよう奨励しています

自分の限界を知り、準備は万端に、無理をせず、楽しいトレイルにしてください。

Written by mimi  (2018/3/13)

ふるさと納税なら「ふるさとプレミアム」
  ランキングに参加しています     応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

  • コメント: 0

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ハワイのニュースをいち早くお知らせ


NEW! 「ツーリズムEXPOジャパン」@ビッグサイト~取材してきました

NEW! ワイキキの駐車場の2階から車が転落~運転した男が負傷する事故が発生

NEW! ホノルル警察が「lipsyncchallenge」で口パク動画を公開~ワイキキ、チャイナタウンなど、お馴染みの場所が登場します!

NEW! デルタ航空~関西国際空港におけるホノルル便運航再開について

JALマイルでハワイアン航空特典航空券の予約開始!~2018年10月1日13:00(日本時間)より

カメラマンとして「ハワイの未来のため」に挑戦します!~クラウドファンディングに温かなご支援、どうぞよろしくお願いいたします

関西国際空港を発着するJAL グループ便(すべての国内・国際線)が9 月21 日(金)より全便運航再開します

ハワイで店から出るとき、こんな行動していませんか?~犯人は狙っていますよ

観光客は狙われている!斜めがけバッグッグでも引ったくりの被害に!~安心できませんよ

「パールハーバーのアリゾナメモリアル」は早くても10/1まではアクセス不可~ボートからの見学は可能

ハワイ屈指の本格派イタリアンレストラン「Arancino (アランチーノ)」が日本初上陸~2018年11月初旬大阪・豊中市に国内第一号店グランドオープン!

関西国際空港発着のエアアジアの運航の見通し~ホノルル便の運航もあり

● DFSの3階は免税だけど1階、2階は免税じゃない?~ハワイの消費税やDFSについて色々なサイトに溢れた情報をまとめてみました

JAL・関西国際空港第1 ターミナル(南側)再開に伴う運航再開について

JALが新しいハワイのコンセプトワード「Style yourself~JAL HAWAII」の元、様々なサービスの提供を発表!~コンセプトは全部で8つ

9/14から期間限定で日本にオープンする「Sunny Days」を一足先にご紹介します!

在ホノルル日本国総領事館からハワイ諸島に近づいているハリケーン「Olivia(オリビア)」についての注意喚起

カハラモールのホールフーズが10周年記念で記念トートバッグを販売

ハリケーン「オリビア」のハワイ諸島への影響~在ホノルル日本国総領事館からの情報

デルタ航空~関西国際空港閉鎖に伴う臨時便の運航延長について

PAGE TOP