興味のあるカテゴリー記事(←21項目→)をお選びください!!

● サウスウェスト航空、来年に発売予定のハワイへのサービスを計画

これは日本国内ではなく海外の話題ですが・・・・・
サウスウエスト航空は2018年にハワイへの就航を計画しており、チケットを販売する予定であると発表しました。

会長兼CEOのゲーリー・ケリー氏は「ハワイは、サウスウェスト航空にとって重要な場所です。何年もの間、思い続けていましたが、今準備が整い大変興奮しています」と語りました。

サウスウエスト航空は拡張運行連邦航空局(ETOPS)の承認を得るためのプロセスに着手すると述べています。
サービスの詳細は、後日発表する予定です。

そしてサウスウェスト航空ってどこだ?って調べてみたら、かなり面白いことがわかりましたのでシェアしますね。
興味ある方は続けてお読みください。

(以下はウィキペディアから興味ある部分を抜き出して記載したものです)

サウスウエスト航空(Southwest Airlines)は、アメリカ合衆国、テキサス州ダラス市を本拠地としている航空会社。

全米に路線網を持つ大手航空会社。
格安航空会社として知られ、徹底した人件費以外のコスト削減等が図られ、収益率は他社より高い。

1973年以来、米国の景気の動向に関わらず黒字運営を続ける全米で数少ない航空会社の1つである。

また、経営方針の1つとして「社員第一、顧客第二」を掲げており、米国の航空会社で唯一、アメリカ同時多発テロ事件を受けた航空産業冷え込みにもレイオフを行っていない大手航空会社でもある。

2012年にはスイスの航空輸送格付け機関から「世界で最も安全な航空会社」の10社のうちの1社に選定されている。

客室乗務員の募集が行われたが、その時の広告文面は「ラクエル・ウェルチ(米国の女優)さん募集」というもので、面接時には「脚を見せるために」という理由でホットパンツをはいてくるように要求した。

こうして採用された女性客室乗務員は、80パーセント以上がバトンガールやチアリーダーの経験者で、かつ強い個性を持つ社交的な女性ばかりであった。
サウスウエスト航空ではこれらの客室乗務員にホットパンツとゴーゴー・ブーツを制服として支給した。

1988年5月、サウスウエスト航空は米国運輸省が発表する定時運航率の高さ・手荷物の紛失件数の少なさ・利用者からの苦情の少なさの3部門について、米国の全航空会社中でトップとなった。
これは、サウスウエスト航空の顧客満足度がトップクラスであるということでもあった。

1991年には、米国の航空雑誌『エア・トランスポート・ワールド』が主催する賞「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したが、国際線を全く運航していない航空会社の受賞はきわめて異例のことであった。

独特の企業文化

サウスウエスト航空は、企業ポリシーとして「顧客第二主義」「従業員の満足(Employee Satisfaction)第一主義」を掲げる。これは、不確定要素の存在する顧客よりも、発展の原動力であり信頼できる人間関係を築き上げることが可能な社員を上位に位置づけているもので、「従業員を満足させることで、却って従業員自らが顧客に最高の満足を提供する」という経営哲学を追求している

また、サウスウエスト航空の基本理念をまとめた内容には「ざっくばらんに」「ありのままの自分で」「仕事を楽しもう」「自分のことに真剣になるな」というキーワードがある。

また、従業員に対しては失敗を恐れずに新しいことに挑戦することを推奨し[88]、たとえ40万ドルの損失を会社に負わせたとしても、会社側では責任者に対しては降格や解雇などは行わず、あらゆる手段で当該従業員の信頼を回復することに努める。

サウスウエスト航空は、従業員の採用に際してユーモアのセンスがあることを重要視する。

これは、「緊張を強いられることの多い仕事につく人にこそユーモアセンスが必要」というケレハーの持論によるもので、操縦士や客室乗務員、空港カウンターの従業員のみならず、本社や駐機場で勤務する従業員にも等しく求められる。

「どんなに操縦士としての技術が優れていても、ユーモアを解さない社員はサウスウエスト航空の従業員として不適格」としている。
また、客室乗務員の採用時には、サウスウエスト航空の顧客に「望ましい客室乗務員」の選定を依頼することがある。

「乗客に空の旅を楽しんでもらう」ことを従業員に推奨しており、出発前の空港で係員や客室乗務員によってパフォーマンスが行われることがあり、そのためのガイドブックも用意されている。

サウスウエスト航空では従業員が顧客にへつらうことなく良識を優先することを推奨しており、顧客が満足するための判断を従業員の裁量に任せる方針をとっているため、顧客を楽しませるためであれば社内規則を曲げるようなことであっても容認されることがある。

ユナイテッド航空のシャトル便サービスが開始された際に空港職員が戦闘用の迷彩服を着用したり、聖パトリックの日に客室乗務員が小妖精の衣装を着用して乗務したり、運航中に乗客が連れていたマゼランペンギンの機内散歩を許可したりする事例は、すべて従業員の判断である。

サウスウエスト航空の経営方針に対しては必ずしも好意的な意見ばかりではなく、「サウスウエストの従業員はふざけすぎている」という投書もある。

これに対して、サウスウエスト航空は「ポリシーを変更する考えはない」と返信を送り、従業員を侮辱する顧客に対しては「今後乗らなくて結構です」と躊躇なく他航空会社の利用を勧める。

ケレハーは、「『顧客がいつも正しい』と考えることは、上司が従業員に対して犯しやすい最大の背信行為」と述べている。

このような社風から、サウスウエスト航空へ入社を希望する者の中には、応募書類をクレヨンで記入したり、ワイルドターキーの瓶にラベルのように履歴書を貼ったりすることさえあるという。

離職率は7パーセント以下で、米国航空業界でも最も低い部類に入る。

制服

早い時期から、全部門でカジュアルな服装への移行を行っている

客室乗務員の服装は、夏服の場合ポロシャツ、キュロットパンツ、スニーカーである

創業当初、客室乗務員に制服として支給されたのはホットパンツとゴーゴー・ブーツであった。

これは、創業時の主要な顧客層をビジネス客と定義し、機内でリラックスして過ごしてもらう方法を考えた結果、「ホットパンツとゴーゴー・ブーツを着用し、溌剌とした笑顔の女性客室乗務員によって提供される飲み物とピーナッツ」という結論となったことによる[

一時期、フォーマルな制服を導入していた時期もあったが顧客から不満の声があったため、数年でカジュアルな制服に変更されている。

広告戦略

サウスウエスト航空は広告戦略でもユーモアを取り入れている。ユーモアを交えながら要点を強調することによって、ビジネス客と行楽客の双方の利用者層への売込みを図っている。

また、競争に対しては真剣に取り組むが、競争相手を苦笑させるような広告戦略をとることがある。

一例としては、ノースウエスト航空が顧客満足度がトップであるという広告を出した際に、会社としての正式な声明として “Liar, liar. Pants on fire.” (うそ、うそ。真っ赤なうそ)と書いた広告を出したことがある。

これまでに広告に使用されたキャッチフレーズとしては、 “The Somebody Else Up There Who Loves You” (あなたを愛する誰かがそこにいる)、 “Just Plane Smart” (ちょっと気の利いた飛行機)、 “THE Low Fare Airline” (唯一の低運賃航空会社)、”TranceFarency”(「運賃の」透明性:真の低運賃を提供する)というものが挙げられる。

(抜粋終了)

いかがでしたか?
日本では考えられない社風ですね。

もちろんいたれりつくせりの日系のサービスも嬉しいですが、こんな飛行機にも一度は乗ってみたいなと思ったmimiなのでした。

Written by mimi  (2017/10/12)

今日の記事いかがでしたか? いいね!のかわりにポチっとお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
  • コメント: 0

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ハワイのニュースをいち早くお知らせ


NEW! ●いよいよ始動! JALパック初の「ハワイアン航空で行く」2つの新商品~『ハワイアン航空で行く ハワイ』、『ハワイ シェラトンホテルズ』を2月20日(火)より発売開始!

NEW! ● 盗まれた「フランキーフレッシュ(Franky Fresh)」のフードトラックがラジカセの外装を全て外された状態で発見される

NEW! ● (動画あり)人気の「フランキーフレッシュ(Franky Fresh)」のフードトラックが盗まれた!~ラジカセ型のフードトラックを見かけたらぜひ通報を!

NEW! ● (動画あり)天候が心配された「グレート アロハラン(Great Aloha Run)」が無事終了

NEW! ● 2/24(土曜)マカプービーチで Kokua Hawaii主催の ビーチクリーンアップ開催~ぜひご協力お願いいたします

NEW! ● 大雨によりカイルアビーチパークとカネオヘベイにマンホールからの排水が流れ込んだ可能性

NEW! ●ワイメアベイでサメが出現!~警告板が設置されました

JAL国際線「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を同額で継続

● ホテルに関しての許容範囲問題~あなたの考えは?

ANAマイレージクラブ会員限定~ レアレアトロリー 7日間無料乗り放題 &マハロラウンジ 無料体験キャンペーン実施中!

● ワイマナロベイビーチパークでの平日の商業活動にマンスリー料金を徴収

● ノースショアのシャークスコーブでシュノーケリング中の女性観光客が死亡する事故が発生

● カイムキエリアで道路工事~駐車場閉鎖で駐車は至難の業

● 中国の新年をお祝い~クッキーコーナー(Cookie Corner)から期間限定でアーモンドクッキーが発売!

2018/2/19(月曜)はグレートアロハラン(Great Aloha Run)のために交通規制があります

● シャークスコーブで観光客がおぼれて緊急搬送~フルフェイスのシュノーケルマスク着用

ハワイのレンタサイクル「biki」使うたびに暗証コード入力面倒ですよね?~これならストレスなし!

● カカアコで新しい壁画への塗り替え作業が進んでいる~今度はどんなウォルアートが見られるでしょうね

● サンセットビーチの7本のナツメヤシがビーチの侵食のために伐採される

● ニコズピア38(Nico's Pier 38)はグレートアロハラン(the Great Aloha Run)の開催に伴う道路閉鎖のため2/19は午前10時からの営業です

PAGE TOP