興味のあるカテゴリー記事(←21項目→)をお選びください!!

ハワイの自転車ルールは日本とは違います~これで完璧!レンタサイクルで安全に走るために

ハワイでレンタサイクルを利用する人が増えています。

2017/6/28から始まったバイクシェアのbikiでさらに手軽に自転車を利用できるようになりましたが、それに伴って日本との自転車のルールの違いに気がつかず、ハワイの法律を違反している観光客も増えているとのこと。
ここではハワイの自転車のルールを再確認しましょう。

自転車はいつでも車道走行しないといけない?

”ハワイでは自転車は車道を走る”って認識している方も多いでしょう。。
確かにワイキキとダウンタウンは歩道走行禁止ですが、他の地区は歩行者優先を守れば歩道走行も可です。
ただし自転車レーンがある場所は必ずそこを走りましょう。

ワイキキとダウンタウンって曖昧だよね。
どこからどこまでだよっ!って突っ込みいれたくなります。

ワイキキの範囲は以下の赤い枠で囲んだ範囲。

ワイキキはカパフル通りの手前までなので、頑張ってワイキキ地区を抜けてしまえばもう安心。
怖いのはトロリーやバスが走っているクヒオ通りくらいです。
でもそのクヒオ通りも1本山側に入ってしまえば安心して走れますよ。

ワイキキの赤い枠の範囲から外れていますが、アラワイ運河沿いの歩道は自転車、スケートボード、ローラーブレード禁止の標識があります。
自転車レーンがあるので、必ずそこを走りましょう。

ダウンタウンも結構範囲広いですね。

上記の2つの地区は歩道は走行禁止です。
この範囲さえ頭に入れておけば自転車も怖くありません。

それともう一箇所。
ヒルトン近くのビーチ沿いにある遊歩道(ボードウォーク)は自転車走行禁止です。
基本的に自転車は車両と同じ扱いですから、遊歩道は車は走れないと考えれば自転車もNGであることがわかりますね。

あの遊歩道やFort DeRussy Beach Park内の遊歩道をこんなふうに

自転車で走っている人がいますが、ワイキキ内は歩道走行禁止なので絶対にやめましょう。


(写真はナビちゃおに掲載させていただいている”リョウさん”よりお借りしました)

レンタサイクルを安全にのるために

ちょっと交通量多くて怖いなとか、一方通行だけどちょっと入ると店に到着なのに・・・なんて時は降りて自転車を押して歩道を歩けばOK。
怖い所を過ぎたら、また車道走行をすればいいのです。
自分の力量に合わせて無理せずに。

日本では一方通行の道路(但し書きの標識はありますが)でも逆走しちゃってる人多いですね。
その感覚でハワイでも逆走してる人が沢山いるそうですが絶対にやめましょう。

初自転車で不安な方は早朝の車が少ない時間にワイキキを出発してしまうと気が楽ですよ。
ワイキキを抜けて、海沿いの道をサンスーシービーチ(カイマナビーチ)の方へ行けばサイクリングレーンがあります。
ここで慣らしてから車道走行にチャレンジするのもいいですね。

また少しワイキキから離れたサウスキングStに自転車レーンがあるのですが、ここは車が東方向への一方通行なのに、自転車だけはこのバイクレーンを使って両方向へ走れるようになっています。
これはとても便利ですね。

サウスキングStと平行に走っているベレタニアStは西方向への一方通行、すぐ下のヤングStは両面通行なのですが、自転車レーンのあるサウスキングStを走れば安心ですね。
これだけ交通量があるところを車と一緒に車道を走るのは慣れていないと怖いですし。
実際にこの通りを走っている時は、同じような自転車の人とすれ違ったのは1人だけでしたが、通勤の時間帯などは多いかもしれません。

一番怖いのはバスやトロリーが走っている道路。
バスやトロリーが頻繁に停車しますので、そのたびによけて走行しないといけません。
無理せず、その後ろについてのんびり走行するか、後方車両に注意して追い越しをするかです。

ここ数ヶ月でバイクレーンの整備が進んでいます。
マッカリーStもバイクレーンができましたし、ますます走りやすくなりますね。。

自転車の駐輪は?

日本人が一番注意しなければならないのが自転車の駐輪。
日本では入りたい店の前でもどこでも停めることができますが、ハワイでは決められた駐輪場所にとめなければなりません。

駐輪できる場所には皆さんもよくご存知のこの自転車のオブジェのようなものがありますので、そこにしっかりとくくりつけてください。
このオブジェ以外にも、柵っぽいものだったりする場合もあります。
探すのが面倒だからと、日本のように、店の前に勝手に駐輪することのないようにお願いいたします。

レンタサイクル店では丈夫なU字型のロックを貸してくれますが、それプラス、我が家はワイヤーロックを持参して2台一緒にくくりつけるようにしています。

こんな駐輪は絶対にやめて!

この写真はカイルアビーチの駐車場でのショットなのですが・・・・
車の駐車スペースにもかかわらず沢山の自転車が停めてありますね。
これ、日本でもよく見かける光景ですが、ハワイでは絶対に禁止です。

ましてや駐車場にとめるなんて言語道断。
一人が止めているといいや・・・って思って、次の人も、また次の人もってなります。
自分さえよければいいのか?

絶対にやめてくださいね。

子供の自転車利用について

バイクシェアのbikiは16歳以上しか利用することができません。
もし16歳以下で、他のレンタサイクル店で自転車を借りる場合はヘルメットの着用が義務付けられています。

16歳以下でもbikiを利用し、ヘルメット着用義務を怠ってしまっている人がいるそうです。
どうせ見た目年齢はわからないだろうと甘い考えでハワイの法律を破らないようにしましょう。

ルールを守って楽しい旅行にしてくださいね。

Written by mimi  (2017/7/10)

  • コメント: 0

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ハワイのニュースをいち早くお知らせ


NEW! ● ワイマナロベイビーチパークでの平日の商業活動にマンスリー料金を徴収

NEW! ● ノースショアのシャークスコーブでシュノーケリング中の女性観光客が死亡する事故が発生

NEW! ● カイムキエリアで道路工事~駐車場閉鎖で駐車は至難の業

NEW! ● 中国の新年をお祝い~クッキーコーナー(Cookie Corner)から期間限定でアーモンドクッキーが発売!

NEW! 2018/2/19(月曜)はグレートアロハラン(Great Aloha Run)のために交通規制があります

NEW! ● シャークスコーブで観光客がおぼれて緊急搬送~フルフェイスのシュノーケルマスク着用

NEW! ハワイのレンタサイクル「biki」使うたびに暗証コード入力面倒ですよね?~これならストレスなし!

NEW! ● カカアコで新しい壁画への塗り替え作業が進んでいる~今度はどんなウォルアートが見られるでしょうね

● サンセットビーチの7本のナツメヤシがビーチの侵食のために伐採される

● ニコズピア38(Nico's Pier 38)はグレートアロハラン(the Great Aloha Run)の開催に伴う道路閉鎖のため2/19は午前10時からの営業です

2018年の「ジェームズビアード財団賞(James Beard Foundation Awards)」のセミファイナリストが決定!~皆さんの知っているレストランは入っているかな?

● パールシティのクレソン農場に車が落下する事故が発生

国内初!成田空港・第1ターミナル北ウイング4階の国際線保安検査場にて先進的保安検査機器の実証実験を行います

● 74歳の日本人男性の観光客がマウイ島のカアナパリビーチの水面で浮かんでいるのが発見される

●(動画あり)ユナイテッド航空のボーイング777のエンジンカバーが破損してダニエル・K・イノウエ国際空港に緊急着陸

● ワイアラエビーチパークの女性用と男性用のトイレのシンクが破壊される

ハワイのレンタサイクル「biki」をまだ使ったことない方に朗報~2018/3/4限定で30分だけ無料で使うことができます

● 2/14(水曜)ワイパフでサイレンテストがあります

2/16~2/18の3日間「Taste Tea」の全店舗で戌年生まれの人は1つ買うと1つ無料になります!

● (注意)アロハタワーのHPにファーマーズマーケット開催予定が記載されていますが、こちらのFMは現在休止中です

PAGE TOP